土木事業

出雲の自然と風土を、
“次の世代”へと紡ぐために。

太古から出雲に、豊かな恵みをもたらす一方で氾濫を繰り返してきた斐伊川の治水。
東西に長い島根県内の各地を結ぶ山陰道の開通。
すべては次の世代の暮らしを守るために。

古より氾濫を繰り返してきた斐伊川の治水は、出雲の人々の生命と財産を守ることに直結します。また、日本海側に人口が集中する島根県の東西に渡る道路の整備は、人や物の移動をスムーズにし、生活を便利で豊かにします。
そのため私たちは、高度な土木技術と最先端のICT技術を積極的に導入。これまで良くないイメージの3Kと言われてきた土木現場を、「給料」が良く、「休暇」が取れ、「希望」が持てる新3Kとなるよう変革してきました。
まずは誰もが働きやすく、活躍できる現場にすること。その実践を通して、出雲の自然と風土を〝次の世代〟へ紡いでいきます。

事業内容

ドローン

先駆けて「i-construction」を推進

ドローンで3次元測量したデータを基に、土木工事の不確実性を最少化し施工計画を作成。ICT技術の全面的な活用により、生産性向上に全力で取り組み、魅力ある建設現場へ。 若い技術者や女性技術者が活躍できる、安全でスマートな働き方を実践しています。

国や自治体、公共団体からの高い評価

国土交通省中国地方整備局より、「優良工事施工団体」としての局長表彰を通算12回、事務所長表を通算10回受賞。
さらには中国地方整備局長から、「工事成績優秀企業」として、平成30年度から3年連続で認定されています。

工事現場

国や自治体、公共団体からの高い評価

国土交通省中国地方整備局より、「優良工事施工団体」として局長表彰を通算12回、事務所長表彰を通算9回受賞。 さらには中国地方整備局長から、「工事成績優秀企業」として、平成30年度と令和元年度の2年連続で認定されています。

地域住民への説明

地域住民とのコミュニケーションと配慮

公共工事ではどうしても地域住民にご迷惑をおかけすることも出てしまいます。 そのことを工事に携わる一人ひとりが認識し、誠実なコミュニケーションでご理解を得ると共に、苦情にも真摯に向き合っています。

部門と事例紹介

河川工事

斐伊川の美しい景観を守りながら、
河川治水安全性を高めていく。

太古から出雲に、豊かな恵みをもたらす一方で 氾濫を繰り返してきた斐伊川。 その生態系を維持しつつ、災害をおこさないよう 河川整備に全力で取り組んでいます。

斐伊川新田川築堤護岸外第2工事(2019年)

新田川導流堤の狭小な施工現場において、ICTを活用した情報化施工をおこなった。また施工ヤードが狭く長い施工延長に対し、新田川を挟んだ本川堤防表小段からの大型クレーンによる資機材搬入に切り替えたことで、盛土~法覆護岸工の一連作業の工種毎の手待ちも解消。施工効率を大幅に向上させた。
加えて地域住民に工事への理解を得るために、現場入口に週間作業予定をLED表示板で明示し、地域住民へ情報を提供。隣接する県道出雲三刀屋線の路面及び新田川の清掃・除草を定期的に実施した。

斐伊川放水路大島地区地盤改良工事(2012年)

変位低減型深層混合処理(CDM-LODIC工法)において、通常の改良杭先端処理に工夫を加えて、先端部の撹拌回数を増やした。また空打部に少量のセメントスラリーを噴射させて、施工基面の地耐力を強化。長尺な改良杭であったが、地盤改良機本体の安定性を向上させ、鉛直性の良い高品質な改良杭の施工をした。
また近接構造物の中電鉄塔(知井宮高松線14号鉄塔)の基礎杭に改良による影響を与えないように、変位吸収孔及び緩衝孔削孔などを行い変位低減対策しながら施工。鉄塔内にある地中傾斜計を計測・監視しながら施工を行い、無事に完成させることができた。

斐伊川放水路新内藤川低水護岸外工事(2008年)

当初地元から鋼矢板打ち込みに際して、振動が出るのではないかと心配されていたため、鋼矢板の打ち込みを油圧圧入機(無振動型)に変更した。
排水機場建屋の撤去時は最初に油の抜き取り作業をおこなったが、既存の機械設備に油が残存している恐れがあり、河川内への油流出が懸念された。そのため吸水槽入口に油吸着材(マット状のもの)を設置し、油の流出に配慮して施工した。 また、河川内の鋼矢板での締切に際しては、締切鋼矢板のセクション(繋ぎ目)に止水材を塗り水の侵入を最小限に防ぐことで、確実に水替作業をおこない工期内に作業を終えることができた。

道路工事

中海・宍道湖・大山圏域を結ぶ大動脈を、
いつまでも安全で快適に。

出雲・松江・米子という日本海側有数の人口集積地。 各都市を結ぶ道路は、まさに地域経済の血管と言えます。 そんな重要なインフラの安全性を守るため、山陰道の早期開通、 道路メンテナンスに全力で取り組んでいます。

出雲湖陵道路常楽寺第1高架橋下部第2工事(2019年)

コンクリート構造物の品質向上に努めるため、外部足場を防風シートで囲い直射日光を遮ると共に、風を遮断して養生期間中の急激な乾燥を防いだ。それによってコンクリートの養生管理を徹底した。
工事現場が交通量の多い県道直近であったため、現場周囲を仮囲い柵で覆い、第三者の進入を防止して第三者災害の防止に尽力した。

静間仁摩道路大国地区地盤改良工事(2017年)

スラリー攪拌の施工に、高品質低変位型の工法である大口径機械攪拌深層混合処理工法のRASコラム工法を採用し、周辺地盤や近接の住宅に与える影響を最小限にとどめることに尽力した。
また、深層混合処理は材料(セメント)の搬入が頻繁にあることによる地域住民への負荷が大きいが、『こうじだより』を毎週配布することにより、工事の進捗や安全性を逐次伝えるなど、地域コミュニケーションに努めた。